2017/04/26

東京ミッドタウンIDÉEカフェ「あなたと旅するポルトガル」第1回開催

4月14日(金)の夜、東京ミッドタウン3階にあるIDÉE CAFÉ PARCにて、「あなたと旅するポルトガル」の第1回を開催しました。
ポルトガル食文化パンフレットと、ワインリスト
このイベントは、毎日忙しい旅好きのみなさまに、ポルトガルを旅するような気分を味わいながら、ポルトガルのワインとおつまみを東京で楽しんでいただきたいと、IDEEの方々と一緒に企画しました。

参加者の皆様には、このイベント限定で製作しました、ポルトガル食文化&ワインの紹介パンフレットと、毎回ご提供するワインリストをお配りします。最初にパンフレットを元に旅の写真などをお見せしながらショートセミナーを行い、その後はご自由にワインを楽しんでいただくという流れです。



パンフレットには、ポルトガルの食とワインのお話を
簡単にまとめています

4月のテーマは春。華やかな香りや色が楽しいポルトガルワインをご用意し、全8種を飲み比べていただきながら、ご自分にとってのお気に入りを探していただきました。


会場で気に入ったワインを家でも飲めるよう、
ワインを購入できるウェブサイトもご案内しています。


8種類を制覇するのに、2時間はあっという間!
おつまみは、いわしと紫玉ねぎのヴィネガーマリネ、6種のハーブサラダ、ポルトガル産オリーブのピリ辛マリネ、たらとじゃがいものピポグラタントースト。


いわしやたらなど、今回のおつまみは魚介系でした
乾杯は、LuisPatoの土着ぶどう品種マリアゴメス主体のエシュプマンテ。華やかな白い花の香りに、かすかに口に残るぶどうの渋みがあと引く辛口。ホロ苦い野菜が多い春に合うと思います。

マリアゴメス主体のエシュプマンテ
ぶどうの渋みがあと引く辛口は、
山菜やたけのこの天ぷらなどと合わせても

春らしい、ロゼのエシュプマンテもポルトガル土着品種が主体。Nieport社のロゼのポートは、ひと口飲んであちこちから感想が漏れる、反応が大きかったワインのひとつでした。
春らしい、ロゼのエシュプマンテにロゼのポート

ロゼ、白だけじゃなく、もちろん赤も。こちらは10年来の友人が作る、スマートな赤。ポルトガルの赤に親しんでいる私には、ちょっとスマート過ぎてびっくり。でも、ポルトガルの新しい風って感じでしょうか。やはり春にぴったり。


やっとご紹介できた、古い友人が造るDORY赤。
力強いまろやかさと、ぶどうの広がる香りが癒し系

ヴィーニョヴェルデももちろんあります。今回は味わいしっかり、旨味系のヴェルデ。春はシュワシュワもいいけれど、こういう膨らみのあるヴェルデの白もいいなと思うのです。



ヴィーニョヴェルデの中でも、
アルヴァリーニョとトラジャドゥーラで旨味しっかり。
春の心地よい暖かさにぴったり
ラストはマデイラワイン。これまた大反響。どこで買えるのかをたくさん聞かれました。ワインや料理をご紹介して、これどこで買えるの? これどうやって作ったの? という質問をいただくことが、一番ダイレクトな参加者の感想だと感じます。


BARBEITOのマデイラワインはミディアムスイートを。
この味わいは、一度飲めばはまる人多数

ワインと旅なら、話は尽きません。でもちょっとしゃべり過ぎました
1回目は12名のお席が満席となり、最後までとても賑やかに楽しんでいただくことができました。ワインがあれば、コミュニケーションもスムーズ。席の近い方同士で知り合いになったりと、出会いもいろいろ。ご参加いただいたみなさま、改めて、どうもありがとうございました。

今後のスケジュール
2回目は5月26日(金)18:30~20:30
3回目は6月15日(木)18:30~20:30
ともに会費5000円の予定です。

今回大変好評でしたので5月以降はお席を増やし、20名分ご用意するべく現在調整中です。ワインも協賛いただける会社が増えましたので、10種を予定しております。

ちなみに、このイベント企画は8月まで毎月開催予定です。次回はもう少しコンパクトにお話をまとめるべく準備し、旅の写真もいろいろお見せしたいと思います。
お申し込みはこちらか、IDEE CAFE PARC 03-5413-3455までお電話でどうぞ。

2017/04/14

ポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデ協会が主催する、和食とVVの夜

桜咲く4月の夜、
ポルトガルから来日中のヴィーニョ・ヴェルデ協会主催による、
ジャーナリスト向けディナーにご招待いただきました。
ワインジャーナリストの方々はフランス語に強い印象。
中には5か国語話される方も。密かに変な汗が出ました

協会のカルラ・クーニャさん、キンタ・ダ・リシャの醸造家カルロス・テイシェイラさんなどと、ざっくばらんに意見を交わしつつ、アットホームな雰囲気の中、ワインと和食のコンビネーションを楽しみました。

この日のヴィーニョ・ヴェルデは、微発泡でフレッシュなものから、発泡させない熟成を意識した単一品種のものまで幅広い味わが並び、何がどれと合うかを徹底的に組み合わせるいい機会をいただきました。

ほろ苦系の山菜や、菜花のように青い旨みがあるものや、筍のようなやさしい味わいがある野菜は、総じてとても相性がいい。香ばしいごまのアクセントもいい繋ぎになる。微発泡のものは、揚げ物のクリスピーさとはもちろん合うのだけれど、ただし塩気はしっかり決めた方がいい。中途半端な塩気だと、ワインに負けると感じました。

蕗味噌のほろ苦さと味噌の発酵させた旨みは、アルヴァリーニョ100%のワインをぐいぐい呼びました。個人的に、これはこの日一番のマッチング。蕗味噌、偉い。

そして、以前マデイラワインを飲んだ時にも感じたのですが、ほのかな甘みを感じるワインと相性がいいのが、新生姜で作る甘酸っぱいガリ。ガリはほんと、いいアテになります。ガリがあれば、繊細な寿司もコントロールできるかなと感じました。

刺身は、ワインの酸味とぶつかると、ともすると魚の生臭さが立ってしまい、ときにワインと喧嘩しがちですが、和ハーブの大葉や穂紫蘇、あるいは塩昆布などを組み合わせると、お互いに急接近。もちろんカボスなどの柑橘系を絞っても。ひと工夫でかなり違います。昆布〆にするとミネラリーなワインと非常に合わせやすく、楽しい。

一口に和食と言っても色々ですが、私はやっぱり、ヴィーニョヴェルデは和食と両思いと言っていいなと感じました。個人的には赤のヴィニャオンと肉料理の相性も確認したかったけど、それは自分の家で楽しもう。

出会いや発見がたくさんあるポルトガルワインはやっぱり面白いと、強く感じた夜でした。ワインと和食の相性。私の場合は、まずは普段の食事とどう合わせるかが、目下最大の興味です。

2017/03/31

IDÉE CAFÉ PARC 東京ミッドタウン店でのイベント、4月からスタートします!

お知らせです。
2017年4月から8月まで、
「あなたと旅するポルトガル ワイン&フード」と題し、
東京ミッドタウンのIDÉE CAFÉ PARC にてポルトガルのワインを楽しむイベントを開催します。
いずれも平日の夜ですが、ご興味ある方はぜひご参加ください。
自分で言うのもなんですが、とてもお得だと思います。
日時/2017年4月~8月の毎月1回開催
場所/IDÉE CAFÉ PARC (東京ミッドタウン3F)
内容/ポルトガルの食文化・ワインの特性についてショートセミナー開催、
その後テーマに沿ったワインの試飲(6~8種)とフードを提供。
会費/4000円(予定)
ご予約/こちらまたはイデーカフェ パルク(03-5413-3434)

第1回は4月14日(金)18:00~20:00の予定です。
「春を祝う、華のあるワイン」と題し、色や香りが華やかな、気分の上がるワインを集めて紹介予定です。
具体的には、泡が美しいエシュプマンテ、イチゴのようなアロマのロゼ、花のような香りの白、余韻が楽しい赤、微発泡ヴィーニョヴェルデの白・ロゼ、ポートのロゼなど。

フライヤーは緑がイメージカラー


店舗で目にされたら、ぜひお手に取って下さい!


今後のスケジュール/
4月14日(金)18:00~20:30 春を祝う華のあるワイン
色や香りが華やかな、気分の上がるワインを集めて紹介。泡が美しいエシュプマンテ、
イチゴのようなアロマのロゼ、花のような香りの白、余韻が楽しい赤、
微発泡ヴィーニョヴェルデのロゼ、ポートのロゼ、マデイラなど。
フード/オープンサンド2種(サーディンと紫玉ねぎのマリネ、たらとじゃがいものピポグラタン)、ピリ辛オリーブマリネなど。

5月26日(金)18:00~20:30 初夏にぴったり心地よい自然派ワイン
オーガニック、ビオディナミなど、自然派の造り手を集めて紹介。軽やかな微発泡から白、赤、ロゼなど。
初夏の心地よさを、クラフトマンシップ溢れるじんわりおいしいワインと一緒に。
フード/ビファーナ(豚肉サンド)、にんじんとオレンジのクミンサラダ、ピリ辛オリーブマリネなど。

6月 夏気分を先取り ヴィーニョヴェルデを楽しむ
7月 盛夏を楽しむ アウトドアで楽しみたいワイン
8月 ポルトガルワインサマーフェス 2017試飲販売会

六本木の気持ちの良いカフェで、ポルトガルを旅する気分を、ワインとともに味わってください!

2017/03/29

NumeroTokyo最新号

Numero Tokyo最新号で、編集・執筆しました。

もっとカラフルな人生を!!!

テーマはMake Me Happy!
もっとカラフルな人生を!
私の魂の叫びが聞こえたのか⁉

食のページでの展開は、ペアリングで味覚の冒険へと題し、アトリエフジタ、伍燗、PATH、二毛作、パティスリーアサコイワヤナギにご協力いただき、目にもカラフルなページになりました。ご協力くださったお店の皆様、どうもありがとうございました。


扉はアトリエフジタ

左はPATH、右は伍燗

左がアサコイワヤナギ、右は二毛作

版元は古巣の出版社。久しぶりに打ち合わせへ向かい、懐かしい顔との再会など、時の流れを感じてしみじみ。辞めて独立したときもすでに出版不況だったけど、嘆いてたって仕方がない。とにかく目の前の仕事をしながら、前に進むのみ。さ、仕事するぞ!進め!もっとカラフルに!

2017/03/09

黒いランドセルを選んであげたかったけれど

本を読んだり、映画やドラマを見て、まるで自分のことのように思うことがありますが、私は昨日の朝、ある新聞記事を読んでまさにそう感じました。

朝日新聞3月8日の朝刊より

記事の内容はざっとこう。小学生の女の子を持つ両親が、入学前に娘にランドセルを買おうと一緒にお店に行き、娘が黒いランドセルを選んだ。お店の人に「女の子で黒だといじめられるかもしれないから、もう一晩考えて」と言われ、結局両親は「気に入ったなら買っていいよ」と黒を買ってあげた。でも、クラスの男子からはからかわれ、女の子は黒のランドセルが嫌いになり、カバーや雨除けで隠して登校していた。それが2学期になり、転校してきた友達に「気にしなくていいよ」と言われ、「頑張ってカバーを外す勇気が出」て、それからは今も黒いランドセルを使っているという。

私も一昨年、娘にランドセルを買ってあげる際、同じように一緒に店に入り、何色を選ぶのか見届けようとしました。すると娘はさーっとカラフルな列を眺め、そして最後にきっぱりと、黒のランドセルを選んだのです。

その時の私の心境は、この話の中の店員さんのコメントそのものでした。黒を選ぶそのセンスは好きだけど、でもやっぱり、黒だと学校で周りにいじめられる気がしてならない。100歩譲って紺ならいいけど、とか、訳の分からない自分の価値基準を押し付けてしまいました。さらにそのお店の店員さんも、学校で想像できる展開を心配して、ほかの色を勧めました。結局娘は茶色で妥協してくれましたが、そのランドセルを購入したときの後味の悪さと言ったら。自分で考えて意見を決めなさいと、普段は娘に偉そうなことを言うくせに、自分がやっていることが全く伴っていない。そんな自分が情けなかった。

あのとき私は、勇気がなかった。娘が決めたことなら、いじめられたって何とかしようと、どうしても思えなかった。やっぱり娘の周りの反応が恐かった。

でも、それを続けていたら何も変わらないよね、と、新聞記事の小学生に言われたような気分でした。偏見や差別を変えていくのは、固定観念の呪縛から逃れる勇気を持つこと。たとえばLGBTの問題も、難民問題も、あらゆる差別の問題も、その根幹は小学校のランドセルの色選びと同じ。新奇な意見を強い気持ちで言う勇気を持つ難しさを、象徴しているように思えました。

この記事を読み終わって、朝ご飯を食べていた娘に聞きました。
「本当は、黒のランドセルが良かったんだよね」と。
すると娘はこう答えました
「でも、今は茶色も大好きだよ」
それが本心かどうか、問いただしたところで何の意味もない。
残る事実は、勇気が出せなかった母の私が、茶色に変えてしまったということだけ。

今でもときどき、あの店でのことを思い出してしまいます。黒で決まり、いいねと言ってあげられなかった後悔。もし次に似たようなことがあったら、私はできる限り本人の考えを尊重しないといけない。男は男らしく、女は女らしくという、善意や悪意以前の知らず知らずに植え付けられてしまった価値基準に、疑いの目を持つ勇気を持ちたい。本人の意思を尊重して黒のランドセルを買ってあげた、この新聞記事のご両親のように。

昨日3月8日は、国連が決めた国際女性デー。差別や偏見を変えていく小さな1歩は、まずは家庭や職場の中の自分事の範疇で踏み出さないとと、新たに心した朝でした。