2017/03/09

黒いランドセルを選んであげたかったけれど

本を読んだり、映画やドラマを見て、まるで自分のことのように思うことがありますが、私は昨日の朝、ある新聞記事を読んでまさにそう感じました。

朝日新聞3月8日の朝刊より

記事の内容はざっとこう。小学生の女の子を持つ両親が、入学前に娘にランドセルを買おうと一緒にお店に行き、娘が黒いランドセルを選んだ。お店の人に「女の子で黒だといじめられるかもしれないから、もう一晩考えて」と言われ、結局両親は「気に入ったなら買っていいよ」と黒を買ってあげた。でも、クラスの男子からはからかわれ、女の子は黒のランドセルが嫌いになり、カバーや雨除けで隠して登校していた。それが2学期になり、転校してきた友達に「気にしなくていいよ」と言われ、「頑張ってカバーを外す勇気が出」て、それからは今も黒いランドセルを使っているという。

私も一昨年、娘にランドセルを買ってあげる際、同じように一緒に店に入り、何色を選ぶのか見届けようとしました。すると娘はさーっとカラフルな列を眺め、そして最後にきっぱりと、黒のランドセルを選んだのです。

その時の私の心境は、この話の中の店員さんのコメントそのものでした。黒を選ぶそのセンスは好きだけど、でもやっぱり、黒だと学校で周りにいじめられる気がしてならない。100歩譲って紺ならいいけど、とか、訳の分からない自分の価値基準を押し付けてしまいました。さらにそのお店の店員さんも、学校で想像できる展開を心配して、ほかの色を勧めました。結局娘は茶色で妥協してくれましたが、そのランドセルを購入したときの後味の悪さと言ったら。自分で考えて意見を決めなさいと、普段は娘に偉そうなことを言うくせに、自分がやっていることが全く伴っていない。そんな自分が情けなかった。

あのとき私は、勇気がなかった。娘が決めたことなら、いじめられたって何とかしようと、どうしても思えなかった。やっぱり娘の周りの反応が恐かった。

でも、それを続けていたら何も変わらないよね、と、新聞記事の小学生に言われたような気分でした。偏見や差別を変えていくのは、固定観念の呪縛から逃れる勇気を持つこと。たとえばLGBTの問題も、難民問題も、あらゆる差別の問題も、その根幹は小学校のランドセルの色選びと同じ。新奇な意見を強い気持ちで言う勇気を持つ難しさを、象徴しているように思えました。

この記事を読み終わって、朝ご飯を食べていた娘に聞きました。
「本当は、黒のランドセルが良かったんだよね」と。
すると娘はこう答えました
「でも、今は茶色も大好きだよ」
それが本心かどうか、問いただしたところで何の意味もない。
残る事実は、勇気が出せなかった母の私が、茶色に変えてしまったということだけ。

今でもときどき、あの店でのことを思い出してしまいます。黒で決まり、いいねと言ってあげられなかった後悔。もし次に似たようなことがあったら、私はできる限り本人の考えを尊重しないといけない。男は男らしく、女は女らしくという、善意や悪意以前の知らず知らずに植え付けられてしまった価値基準に、疑いの目を持つ勇気を持ちたい。本人の意思を尊重して黒のランドセルを買ってあげた、この新聞記事のご両親のように。

昨日3月8日は、国連が決めた国際女性デー。差別や偏見を変えていく小さな1歩は、まずは家庭や職場の中の自分事の範疇で踏み出さないとと、新たに心した朝でした。

2017/03/07

2月のポルトガル食堂の主役はコジード・ア・ポルトゲーザ!



2月25日(土)のポルトガル食堂は、久しぶりの着席スタイル。
8名様にお越しいただき、賑やかな楽しいひとときになりました。


この日のワインは、ヴィーニョヴェルデ3、赤1、
マデイラワイン1、ジンジーニャ1の6本




料理は、寒い時期にぴったりの、コジード・ア・ポルトゲーザ。
塩豚、骨付き鶏、腸詰を煮込み、そのスープでじゃがいも、にんじん、キャベツ、かぶを煮込み、その旨味たっぷりのスープでご飯を炊きます。

各種肉、野菜、ご飯が揃った、ごっつい定食みたいな料理



今回のお客様は、仕事でお世話になっているdancyu編集部の方や、ウェブサイトで食関係に関わっている方などが偶然集まられて、なんだか仕事の打ち上げでもしているかのよう。用意したワインもほとんど空き、気が付けば料理もすっかりきれいになくなって。もしや、足りなかったか!?

普段顔を合わせる仕事の現場では伺えなかった、個人的な話のあれこれや最新スポットの話、はたまた、私など全く知らない、大学教授の論文専門出版社の仕事の話など、参加されたみなさんの様々な会話がピンポン玉のようにあちこちへ飛びまくり、このまま夜までお話を聞きながら飲んでいたいなあと、一人思っていた次第です。自分の仕事の世界の、なんと狭いことよ! 世の中には本当に、いろんな方々がいろんなことをしていらっしゃる。こういう新鮮なお話を伺ったりできるから、食事会を開くのが楽しいのかな、とも思います。




デザートは久しぶりに、天国のクリーム。



器はなんですかと聞かれることが多いのですが、
うすはりの冷酒用グラスです。
もちろん、冷酒は入っていません!

デザートはいつも、会がはじまる前に仕上げ直前のところまで作って準備しているのですが、今回はお菓子作りが大好きという女の子が、仕上げの作業をじーっと見てくれていたので、最初から見せてあげたかったなあと思ったり。


さて、来月は何をお出ししようかな。

3月25日(土)開催です。
ご予約、お問い合わせはこちらから。
まだ少し、お席ご用意できますよ。

2017/02/17

cakes連載中「ポルトガル食堂」

ウェブメディアcakesでの連載「ポルトガル食堂」では、
ポルトガルを旅して出会った定番料理から、
ポルトガルのエッセンスを加えたオリジナル料理まで、
ワインと合わせてご紹介しています。
ご興味ある方、ぜひ一度チェックしてみて下さい。

ヴィーニャダアーリョシュ
豚肉のにんにくとワイン煮込み

オリーブの炊き込みご飯
オリーブも米も、ポルトガルでは人気者
柿とレモンのクミンマリネは、オリジナル

鱈とじゃがいものポルトガル風おかゆ
かぶの葉を加えます
バカリャウ・ア・ゴメス・デ・サ
鱈とじゃがいも炒めは、家庭お惣菜の大定番。
ゆで卵とオリーブはマストです
今後は、ポルトガルワインに合う和食おつまみなどもご紹介予定です。

2017/02/16

dancyu3月号「愛のある日本酒がほしい」

dancyu最新号は日本酒特集。


文字組の表紙、むずかしいんですよね。
ほどよくイラストや写真も組まれ、バランス見事!
「愛のある日本酒がほしい」というタイトルは、dancyu編集部きってのあの日本酒番長Kさんの、魂の叫びのように感じました。熱い!

面白くて何度も読んだのが、巻頭の「日本酒を相撲にたとえたら」という特集。

力士達の個性を日本酒の個性と重ね合わせ、酒の味わいの表現を、力士のイメージや技の繰り出し方などの相撲縛りにして、それがまた一層日本酒をおいしそうに感じさせました。日本酒愛と相撲愛の濁流にのみ込まれて、6ページなのに10ページ以上あるような濃さ。本当に楽しく読めました。

私も、日本酒勉強中ですが、担当したページは燗酒と洋な料理のペアリング。ペアリングの得意な代々木上原「アトリエフジタ」さんで、燗酒とフレンチ・ノルディックなフジタさんの料理との組み合わせをご紹介。フレンチノルディックとは言っても、柱となる食材は、瀬戸内の魚など故郷の食材。

日本酒は洋の料理にも合うんだよね、というところをさらに踏み込み、お燗で旨味や酸を立たせたお燗酒と料理の相性に特化しています。海外でも注目度が高い燗酒、日本ではこんな風にも合わせるよ、ということを、海外の日本酒ファンに伝えるようなイメージも、私の中にはありました。

たとえば、グラタンのチーズなどが燗酒の乳酸系の旨味と合うなんて、食べてみるとなるほど!なんです。日本人が先に抑えておきたいガストロノミックな喜びです。食べてみたい方は、アトリエフジタで実際に体験できます。


いつもお会いするとマデイラワインのことを
教えてくださる、私のマデイラ先生
読み応えばっちり、編集部の愛がパンパンで弾け飛び散っている、永久保存版的1冊。

ちなみに巻末の名物連載・或るバーテンダーには、大塚のマデイラワインバー「レアンドロ」の我らがアニキ、鈴木さんが載っていることも嬉しい偶然。

レアンドロというお店は、マデイラワインを全身で愛する鈴木さんそのもの。マデイラワインの品揃えは世界一で、ギネスブックにも認定されています。

今年10周年を迎えるレアンドロ。しかも鈴木さん、昨年ポルトガル本国よりマデイラワイン騎士団にも任命されたという筋金入り。栄誉ある帽子とマントを身にまとい、いつもの笑顔が弾けている写真が良かったですよ、鈴木さん。近々、飲みに行きます!

2017/01/31

比べない夜

心から会話を楽しめた、いい夜に共通すること。

料理が美味しいお店に行っても
出てきた料理の話はほとんどせず、
美味しいワインや日本酒を飲みながらも、
こりゃ美味しいねー、とその味を喜び合うだけ。
すぐに会話に戻る。
質問が飛び交い、
笑ったり、驚いたり、考え込んだりと、
感情が賑やかに動くこと。

腹を割ってとか、
腰を据えてとか、
そんな大袈裟なものじゃないけど、
でも、たとえば自分の人生の中の、あまり明るくないような話も安心してできる、
聞いて欲しくなる、そんな時間。
大人には貴重な、いい夜だ。

昨晩集まったのは、
辞めて10年以上経つ古巣の出版社の先輩と後輩たち。
年齢幅は上下10歳ぐらいあるけど、
もうそんなものが全く存在しないかのような気楽さ。
しかもお互いの近況もよくわからないまま、
数年ぶり、あるいは10年ぶりぐらいに会ったりしているのに、
軽々と時空を超えて席につける。

働いた部署も手掛けた仕事もみんなバラバラなのに、
でもあの先輩や、あの後輩が担当していた仕事は知っている。
しょっちゅう飲んでいたわけじゃないけど、
その人となりそれぞれに、懐かしさを感じることができる。
それって、かつて住んだ街のような、
かつて通った店のような、
そんな存在。

大人になって人生でいろんな失敗を重ねてくると、
時々その話を誰かに聞いて欲しくなる。
でも、誰にでも話せるわけじゃないし、
わかってもらえるわけじゃない。
だから、
懐かしさに包まれて、
リラックスしながら、
どんどん自分の話を聞いて欲しくなるような時間が、
本当に嬉しい。

そんな夜はきっと、
自分を誰とも比べない時間、なのかもしれない。