2017/01/10

女子力という言葉

朝日新聞2017年1月10日社会面から

今朝の朝日新聞社会面に載っていた
「女子力」アップ 女子校PRという記事。
サブの見出しには、「モテ」ではなく「自立する力」育む とありました。

朝日によると、もともと「女子力」という言葉は2000年ごろ、漫画家の安野モヨコさんが知人編集者の奥さんの魅力を表したのがきっかけで、「素直な気持ちで女子として可愛らしかった」佇まいを表現したのだそう。それが一般に流行り、やがてモテ系女子の可愛らしさを表現する言葉にもなった。女子力という言葉をよく使っていた私自身、そんな風に感じています。柔らかくて軽やかで、女子であることを楽しむ感じの言葉。だから、好きな人とのあれこれをうまくいかせるための狙いだって、潜んでいる言葉。

実際自分自身も、仕事に没頭していてネイルもファッションも適当、デートも行っていない、女子トリートメントができていないと感じたとき、これじゃ女子力ゼロだよとか、女子力上げてこうとか、そんな話を周囲としていました。

最近でも、たとえば保育園で男の子を巡ってお友達の女の子がチョコや手紙を渡す攻防を繰り広げていたときに、「○○ちゃん女子力高いね」などと、お母さん同士でその様子を話す。つまり、女子独特の可愛らしさや発言、考え方やふるまいなどを総括して、女子力と言っていました。


でも、朝日の記事によると最近では、かなり使われる場面も様子も違ってきている。
いま、女子力という言葉は、オリジナルの頃とは随分と違った意味を加味されている様子です。
その違いっぷりに、ちょっと面喰いました。

たとえば、ある女子校の定義する女子力とは「明確なビジョンを持ってきちんと自立できる女性になるための力」。
ある男女別学校では「女子が男子と対等に能力を発揮していくために身に付けるべき力」。
しかも気になるのは、この男女別学校が男子に向けて求めるのは「○○校男子の人間力」

なんで女子は女子力で男子は人間力?

これらの学校が、もし生徒に個人の自立心や社会で生き抜く意識を鍛え、知識を学ぼうと言いたいのなら、なにもわざわざ女子力という言葉に置き換える必要なんかない。人間力でいい。

どうしてわざわざ今更、男子と女子向けに言い方を変える必要があるのだろうか。
これから男女の役割を極力分けない社会にして行かなければという時代に入りつつあるのに。

女子という表現の持つ、イマドキ感を借りたいのだろうか。
でも、これこそまさに、時代を逆行している表現に感じる。

急速な少子高齢化で負担がいやでも重くなり、いずれ子育てや介護といった自分を捧げていく問題との関りが今まで以上に難しくなっていくであろう10代に、なぜ男女別で人間力を教える必要がどうしてあるのだろう。
男女で分けるのは保健体育と身体測定だけで十分だ。

もしも学校で、子供の内面を社会的な存在になるように指導してもらえるのなら、私は男女の別でその内面を育てて欲しくはない。これからは、男女はその別なく、本当の意味で助け合って生きていかないと、社会が回らなくなるからだ。そっちを強調してほしい。男女ともに、同じ方向を向かって人間力を育てていかないと。

学校で男女の別をわざわざ作ってどうするの?

男らしく、女らしくなんて個性だから、当人が自分で勝手に育てていく。
もしくは家庭や彼らの周囲との関りで育っていく。

学校で教えようとする人間力に、男女の別はもう必要ない。
女子力という言葉に様々な意味をもたせると、
いつまでたってもワンオペ育児をしなければいけない働くママが減らないのではと
直感的に感じる私は、この国の女性に対する要求の高さを怖がり過ぎているのだろうか。

女子力育てるなら、生活力のある男子力も育てないと!

「ポルトガル食堂」の様子in土屋鞄製造所HP

撮影は村瀬真希子さん。温かさが嬉しい写真

ちょっと遅くなってしましましたが、
昨年11月より、
土屋鞄製造所のホームページ内LIBRARYにて、
インタビューを掲載いただいております。

その中で、ポルトガル食堂の様子もちらっとご覧いただけます。
こちらからどうぞ。

「ポルトガル食堂」ってどんな感じ?
と思われる方のご参考になればと思います。

通常は、お一人で参加される方が8割。
男女は2対8ぐらい。
お友達やご夫婦、親子で参加される方も
いらっしゃいます。
みなさんに共通されるのは、
食いしん坊であること、その1点。
だから、食いしん坊でありさえすれば、
きっと楽しんでいただけると思います。

そのほかは、お酒が苦手な方も得意な方も、
旅や食の話で盛り上がるので大丈夫。
よく、いつのまにかレストラン情報や旅の情報交換会になっていたりして、
私も一緒にメモしたりしています。

料理教室というよりは、
私が作る料理の様子を見ながら、
飲んだり食べたり笑ったりしていただく、
そんな場です。ここでお友達になっている方も多いです。

メールでのご質問もお受けしております。
こちらからどうぞ。
次回は1月21日(土)13時からの開催です。
残席は少しです。
ヴィーニョヴェルデのミニセミナーも兼ねており、
5種類のヴェルデを比較して飲んでいただけます。
通常よりお得ですね。


2017/01/05

心の中を書き記す

2017年の年賀状のベースは、公園で撮った娘の写真
2017年が始まりましたね。
どなたさまも、明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

今年は、7年間休んでいた年賀状を再会しました。
ようやく再開できて嬉しい!
小さいころから当たり前に続けていた習慣のようなものを中断すると、やっぱり気にかかるものです。
ここのところほぼ毎年、年末年始は妊娠だ、出産だ、育児だ、引っ越しだ、保育園探しだ、また引っ越しだ、リノベーションだと、慌ただしい何かとぶつかることが多く、いつになったら再開できるかなと毎年考えていたので、今年はついにそのもやもやが晴れて、すっきりした心持ちに。

休んでいる間に2回も引っ越しているので、いただく枚数も大分少なくなりました。でも、これから少しずつ増えていくご縁を楽しみに、改めて書いていこうと思っています。

書くと言えば、私は年に1回しか開かない日記帳があります。
もはや日記ではなく年記ですね。
年の初めに思うことをいろいろ書きだして、今年はこんな風に生きていきたいという考えを文章にします。

昨年の元旦に書き出したこと、いくつもある中で実際に実行できたのは1/3ぐらいかなあ。昨年から持ち越しの課題もあり、今年は仕事の面でもう少しアクティブにやっていきたい。

その一方で、育児というもう一つの仕事も、今しかできないことを自分が納得いくまでしておきたい。子供との時間も、できるだけ取っていきたい。
子供はいずれ親から離れ、自分の世界を持つようになる。
だから親と一緒にいることを喜ぶ今のうちに、旅や遊びを通じて、いろんなことに興味を持てるよう、きっかけの種を植えておいてあげたい。今年は娘とどこへ行こうかなあ。

ポルトガル料理とワインに関する取材活動や料理会も、続けて参ります。
年始の「ポルトガル食堂」は、1月21日にヴィーニョヴェルデの試飲会を兼ねたタスキーニャを開催します。
残席僅少ですので、検討中の方はお早めにこちらまで。

ではでは今年も、どうぞよろしくお願いいたします。


2016/12/15

ベビーリーフとハーブを楽しむ「お日様リーフラボ」サイト

ベビーリーフとハーブのレシピもたくさん!
50種以上のベビーリーフとハーブを育てている、千葉県野田市にある「お日様リーフ」のカタログやウェブサイト「お日様リーフラボ」をお手伝いさせていただいております。

野菜好きにはたまらない、自分自身も大変勉強になる機会です。

この仕事に関わるまでは、ベビーリーフといえば、数種類の小さい葉のミックスパックのイメージ。サラダやメインの付け合わせで使う野菜、ぐらいに思っておりました。



陽の光が降り注ぐ午前中が収穫タイム

しかし、しかし。

「お日様リーフ」に使われるベビーリーフの野菜の種類は、それはたくさん、ハーブも合わせると、なんと50種近く。野菜が育てられている現場は、それは楽しいし、美しいのです。

ベビーリーフは野菜の幼葉ですから、味や香り、栄養分まで、小さい葉にぎっしり詰っている。濃縮されている感じです。色も、成長した葉よりやや強い印象。



様々な味や香り、苦みに甘みがミックスされています


実際につまんでかじってみると、食感はもちろん、苦みの強弱、旨味の濃淡、香りの立ち方がそれぞれ微妙に違って、自分の舌のテストをしているかのようです。

それに、今まで知らなかった野菜が本当にたくさん。
たとえば、ビート(食用ビーツ)の幼葉デトロイトや、スーパーフードとしても有名なアマランサスなど、色も美しく、栄養素もたっぷり。






料理のヒントを加えたカタログも作成。
写真は福尾美雪さん、料理はshigekoさん、
スタイリングは中田裕子さん

育成は、太陽光を100%使用する水耕栽培で、化学薬品や農薬は可能な限り使用しないため、幼葉につきやすい虫の除去は手や箸でつまむなど、本当に細かい作業がされています。水は地下40mからくみ上げた利根川水系の豊かな水を使用。

育苗、選定、収穫、箱詰めまで、すべて人の手で丁寧に行い、自分の家族に食べて欲しいと思う野菜を、お客様にお届けするというのがモットー。

新鮮さにも非常にこだわり、朝積みの野菜は7℃に設定された保冷庫で出荷直前まで冷やされ、葉の日持ちや鮮度ができるだけ長持ちするよう考えられています。










カタログには、どんな野菜の幼葉かという説明も


もともとこの「お日様リーフ」は、レストランやホテルなど、プロの現場で料理に使っていただくために生まれたものです。実際、現在も9割以上がプロのお客様です。

しかし、もっと一般の方々にも、ベビーリーフの面白さを知って頂けたらという思いから、このサイトが立ち上がりました。ですから、サイトの内容は野菜の説明はもちろんですが、ベビーリーフやハーブを使った家庭でできる料理の提案もたくさんあります。今後は、毎月新しいベビーリーフレシピをご紹介予定です。

現在、ウェブサイトから個人での購入も可能です。
また、都内に限らず地方の方でも可能な限りご注文を受け付けているそうですので、ご興味のある方はメールならこちらまで、または04‐7197‐3610までお問い合わせください。

ちなみに、ベビーリーフは10種ほどのミックスが人気ですが、葉のサイズがベビーだけでなく、ミニ、マイクロの3種類あり、さらにミックスの味わいも、洋風、和風、さらにピリ辛、ぜいたく25、スパイシー、プレミアムなど、葉の個性を生かしたオリジナルミックスがいろいろとあります。
詳しい紹介は、お日様リーフラボのサイト内をご覧ください。


真鯛の昆布〆の上に、和風ミニミックスをたっぷりと

ちなみに私のお気に入りは和風のミニミックス。
赤紫蘇や青紫蘇など、和ハーブたっぷりで、これだけでも贅沢なサラダになるのですが、サンドイッチはもちろん、刺身に盛ったり、納豆と混ぜ合わせたり、シンプルなパスタにバサッと加えたりして楽しんでいます。

個人で購入する場合、送料がかかりますので、ご近所や職場のお友達とまとめて購入するなどがおすすめです。

これからお客様が増える季節、おいしくて美しいベビーリーフのミックスは、かなりお役立ちですよ。



2016/12/13

初めてのヴィーニョヴェルデセミナーin「ポルトガル食堂」

全く知らない人同士でも、3時間後にはめでたくご覧の通りの飲み仲間!
気が付けば12月も半ば、
2016年もあと少し!
毎年毎年、
なんでこんなに速いんだ!

先週12月10日(土)に開催した「ポルトガル食堂」は、ポルトガルヴィーニョヴェルデ協会に協賛をいただき、公式ヴィーニョヴェルデセミナーを組み込んだ初めての形。どうやって楽しみながら知っていただくか、準備しながらあれこれと考えました。


参加いただいたお客様は11名。

スタンディングのタスキーニャ(居酒屋)スタイルなので、賑やかさが丁度良い感じ。


数か月前の自分に助けられた不思議な感覚


配布資料は考えた末、今年10月にdancyuに掲載していただいた「ヴィーニョヴェルデの学校」という特集の、自分自身の原稿にしました。夏のポルトガルでの取材がこうして冬に東京でのセミナーにつながるとは、考えもしなかった展開。面白いものです。

これをもとに、ヴィーニョヴェルデ協会作成の現地写真入りパワポ資料をお見せしながら、まずはヴィーニョヴェルデがどんなものか、産地の紹介、味わいの違いなど、基本的なことを飲みながら知っていただくという流れにしました。





少し前に書いた原稿も、読み返すとあちこち書き直したくなる……


今回初めて協会より公式セミナー講師を託され、実は結構緊張していたのですが、こんな私ですので、いい意味で緊張感は全く感じられなかったなかったよう。

貫禄はいらないけど、落ち着きが欲しいと思う今日この頃です。












みなさんに飲んでいただいたのは5種類それぞれ違った造り手のヴィーニョヴェルデ。お店に行っても、5種類の比較なんて少人数ではなかなかできませんから、この比較だけでも結構楽しい。ほかならぬ私自身が楽しんじゃいました。

たくさんのリストの中から、今回は微発泡の爽やかな白(ぶどうの種類は違うもの)2種、発泡しないアルヴァリーニョ100%の豊潤な白、バランスの良いロゼ、コクがあって滑らかなヴィニャオン100%の赤を選び、ご用意しました。

今回試していただいたヴィーニョヴェルデ5種

中には以前、自分自身が畑を訪ねたものもあり、ボトルを眺めながら生産者との会話などを思い出しました。現地で飲んで以来、久しぶりに東京で飲むヴェルデは、場所も季節も温度も湿度も違うので、また違った印象を受けます。そこがワインの面白いところ。


さらに今回は、真鯛の昆布〆サラダなどもご用意し、あえて和食とのコンビネーションも確認してみました。やはり私たち日本人が家で飲むなら、普段家で作るような和食にも合わせたい。
個人的には、刺身は生のままよりも、昆布〆にして旨味をぎゅっとまとめるとヴィーニョヴェルデとの相性がぐっと良くなると感じています。天草産のレモンの皮を刻んで散らし、赤紫蘇などの和のハーブが入るベビーリーフにほんのりオリーブオイルとレモン汁をまとわせ、合わせました。
ヴィーニョヴェルデの爽やかな酸や柑橘系の香りと相性が良く、個人的には特に発泡しないアルヴァリーニョ100%のワインのミネラル感がぴったり来たと感じました。

ほかにも、今が旬の柿はクミンとレモンの皮の苦みを合わせ、あとは塩のみで軽く和え、サラダに。白もいいけれど、ロゼのはちみつのような余韻と面白いコンビネーションだった気がしました。

参加された方々も口々に味や組み合わせの感想をおっしゃって下さって、とても参考になりました。

さらにワインは、ヴェルデ5種をすべて試飲していただいてから、さらに私がご用意した赤ワイン、マデイラワインへと移っていただき、ほとんどの方に全種類を楽しんでいただきました。


料理は全7品、ワインは全部で8種類。

料理の一部を参加いただいた方々の写真などでご紹介いたします。
開催中は全く写真を撮る余裕がないので、写真をいただけると本当に嬉しいです。
送ってくださった方々、ありがとうございます!


カルドヴェルデ。ヴィーニョヴェルデの産地でもあるミーニョ地方の定番スープ。
じゃがいもと玉ねぎのポタージュに、ケールの千切りをたっぷり入れ、
ショリッソ(腸詰)の薄切りを浮かべてオリーブオイルをひとまわし。
とても素朴な味噌汁的存在です


ザラガトーア。ほぐした鰯と玉ねぎのワインビネガー和え。カナッペに乗せて



手前は富有柿と天草レモンのクミンマリネ、
奥は真鯛の昆布〆と赤紫蘇などの和ハーブサラダ。
ヴィーニョヴェルデとの相性を意識したおつまみ

豚スペアリブと温州みかんのヴィーニャ・ダ・アーリョシュ。
ドウロ地方の赤ワインを使用
グリーンオリーブと玉ねぎのご飯。ポルトガルでは具が入らないご飯もあり
(と言っても玉ねぎやローリエは少し入っていることが多い)、
今回は肉に合わせ、オリーブでアクセントをつけました
このほか、鱈のクリームグラタンをお出ししました。
鱈が旬の季節ですからね。

初のセミナー&タスキーニャ、大変好評でしたし、

何より私も楽しくて勉強になりました。ということで、
1月もワインの内容や料理を変えて開催します。
1月21日(土)13時からの予定。
ご興味のある方はこちらまでご連絡ください。

次はどのワインを選ぼうか、楽しみ!