2014/10/28

亀戸「メゼババ」の熱い人。

仕事で取材をしていると、
栗のようなあのナッツも待ってます

ときおりシェフや料理人さんから聞く言葉に、
思わず自分の仕事への考え方を
振りかえさせられるときがあります。

今回は、亀戸のイタリアンレストラン「メゼババ」で

高山シェフのお話にしびれました。

昨年9月にオープンした「メゼババ」は既に連日大盛況、
すっかり予約の取れないお店です。
所在地は、亀戸。

もう100万回ぐらい聞かれたであろう、
なんで亀戸のこの場所でお店開いたんですか?
という質問。
取材でもあるし、
やっぱり気になるので
私も聞かざるを得ませんでした。

その答えが実に、実に、実に男前!
実は亀戸の前に、既に契約直前まで進んでいた候補地があったけれど、
ある男気的な理由から、
変えたのだそう。
その理由が、
私にはとても刺激的だったのです。

いよいよ独立してお店を開くというときはどなたも、

場所選びでいろいろ悩みます。
アクセスとか、路面かどうかとか、
それこそ予算とにらめっこしながら、
客層などもイメージしながら、
考える、いや悩む人がとても多い。
それは当然のこと。

そんな中、高山さんは独特の考え方でした。
直前まで決まっていた、
いわゆるお洒落でお客様が集まりやすいとある場所を、自ら一蹴。
こんな軟弱な場所選びしてていいのか、俺は。
そう思ったらいてもたってもいられなくなり、
即日契約解除。
そして、わざとかなり変わった場所で開くことを
考えたのだそう。

きっと高山さんの魂の芯の部分が、
昭和のストイック系なんだと思うのです。

環境に頼らずに、
実力で行こう。
そんないい話を伺えました。

ちなみに11月もすでに予約で埋まりつつあるそう。
狙い目は12月か、来年以降

熱い料理を作る熱い料理人、
亀戸にあり、です。

0 件のコメント:

コメントを投稿