2016/03/22

リライフプラスVOL.20 最新号

リノベーション実例が55件載ってます!
このところ、
古巣の出版社の雑誌とご縁があります。
本当に、ありがたいことです。
育てていただいた上に、
掲載していただけて。

今回は、リノベーション専門雑誌
「relife+」(リライフプラス)最新号で
我が家を紹介いただきました。

取材してくれた編集者は
元同僚のKちゃん。
元同僚に取材してもらうのって、
まるで同僚の仕事現場を
うっかり覗いちゃったかのような
何とも言えないお邪魔してる感があり、
ものすごくこそばゆいです。
でも、気心しれている人だから
話は弾む弾む。
案の定、関係ない昔の職場話で
盛り上がりました。







テーマは実家との距離。近居、同居など
さまざまな例が10件掲載。読み応えあり!

ちなみに今回取材されたテーマは近居。
「どうする? 実家との距離」
というテーマで、
わが家のほかにも計10件が紹介されて
いました。

最近は少子化対策や空き家対策の解決にも結び付くものとして、
国や自治体も支援に積極的になっているそうで、近居を考える人には追い風の状況だとか。

面白いなと思ったのは、
「子供が戻ってくるマンションには理由がある」というコラム。
築年数が古くても資産価値を維持しているマンション、植栽の手入れが良い、駅近ではないが遠すぎず、一戸あたりがまあまあ広いことなどが条件として挙げられていました。

たしかに私の住んでいる家も年数は経っていますが、
近居狙いで部屋が空くのを待っている人が多かったので
思いのほか物件の競争率が高く、
決まるまでは結構ピリピリしていたなあ。
お洒落な街でもないし、駅近物件でもないのにどうしてこんなに毎回入札競争するのか
いまいちピンと来なかったのですが、
この条件を読んでなるほどと思いました。
近居狙いの子育て世代の住宅需要は、また別のジャンルとして確立しつつあるのかも。

詳しくは、書店でお手に取ってぜひご覧下さい!

0 件のコメント:

コメントを投稿